HOME > 当クラブについて > 設立の背景

組織の「拡大・変化」の加速には、人事部門の機能強化(=人事プロデューサー育成)が必要

人企業経営において「人」の重要性は繰り返し語られます。特に、経営環境・組織 環境の変化が著しい
成長企業においては、「戦略的人事」が、経営課題の達成に欠かせません。しかし、多くの成長企業では、
人事部門は最低限の少ない人数で 運営されており、変化に柔軟に対応できる豊富な経験がないために、
戦術的なレベルにとどまっている
という印象があります。
そして、私たち自身が成長企業に身をおき、さらに今、多くの成長企業に 関わる中、人事部門の機能強化に
欠かせないものがあることを痛切に感じました。

人事の役割は、人事・採用、給与・厚生、育成・評価と多岐に渡ります。
経営判断を行う人事責任者がいることはさることながら、人事の 全体感を持って、現場を取り仕切れる、
人事プロデューサー
という役割が あることで、人事機能を効果的に働かせることができます。

人事プロデューサークラブが誕生しました。